卵胞期にホルモン検査をおこないましょう

女性の妊娠はホルモンの値に大きく左右されます。
さらにはLH(黄体化ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)、AMH(抗ミューラー管ホルモン)、エストラジオール(エストロゲン)、PRL(乳汁分泌ホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)、 E2(卵胞ホルモン)、プロラクチン(PRL))など、たくさんの種類のホルモンが妊娠にかかわっており、それらのいずれかに問題があれば妊娠率は下がり、何かしらの不妊症を発症すると言われています。

この為、中々妊娠に至らない場合、この各種ホルモンの数値を検査し、基準値と比べて問題が無いかを確認することが不妊症検査の第一歩でもあります。

月経が始まってから4~5日目までの卵胞期が大事

このホルモン数値を検査するのに最も適した時期が卵胞期です。
女性のホルモン数値は月経周期と密接な関係にあり、周期によってかなり変動していきます。

ただ、月経が始まってから4~5日目までの卵胞期においてはホルモン数値が比較的安定して検査できるため、この時期を狙って検査することがほとんどです。

基本的には血液検査=採血で行われる事がほとんどで、費用も検査するホルモンの数にもよりますが大体2―5000円のところが多いようです。

健康的な生活でホルモンバランスを整えよう

ホルモンの分泌はとってもナイーブです。
過多なストレスや連日の徹夜、運動不足、栄養不足等々・・・ちょっとしたことで乱れていくのです。

まずは健康的な生活と適度な運動、栄養満点の食事でホルモンバランスを整えること。
これこそが妊娠への第一歩なのです。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 排卵検査薬

    2017-12-25

    37歳で結婚、39歳で出産成功。私のお勧め妊活は…【体験ブログ】

    私が出産した年齢は39歳でした。 結婚したのは37歳直前だったので、高齢出産になることは間違い…
  2. 2017-4-24

    具体的なお灸のやり方とツボをご紹介します。【体験ブログ】

    私は体外受精により妊娠することが出来ました。 一度目の移植では妊娠せず、二度目の移植で成功…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る