タイミング法と合わせて女の子妊娠!

一人目はどちらがほしいという希望もなかったので、全く産み分けを意識せず妊娠。

男児でした。結構その育児が大変で、二人目を考える気にならなくて、一人目が3歳くらいでやっと二人目がいても大丈夫かなあという余裕が出てきました。

男の子兄弟は手におえない、絶対無理だと思ったし、男の子も女の子も育ててみたいと以前から思っていたので、産み分けられるものなら産み分けて女の子が欲しいと強く願いました。

とはいっても、おまじないや占い、ジンクス的なあやしげな民間療法を試す気にはなれなかったです。




>>安全&お手軽に男女産み分け「ハローベビーゼリー」

排卵日の予想から何日前に仲良しするのかで産み分けを試みる方法

私が、実際に試した方法は自然な妊娠に限りなく近いもので、排卵日の予想から何日前に仲良しするのかで産み分けを試みる方法です。

一般的に、妊娠しやすいのは、精子の寿命がおよそ1週間であることから、排卵日当日からさかのぼって1週間前の期間とされています。

男性と女性の寿命の違いをみると、平均的に女性の方が男性より長生きなように、精子のレベルでも女の子の遺伝子を積んだ精子の方が男の子の遺伝子を積んだ精子より長く子宮内にとどまるというメソッドを利用したもので、排卵日から1週間~3日前くらいに仲良しした場合に妊娠した時の方が、女の子遺伝子を積んだ精子の比率が高くなって、妊娠成立した場合、女児が生まれやすいという産み分け法です。

この方法は排卵日の推定がポイントなので、基礎体温を付け始めて、排卵日を推定するところからスタートしました。

私は結構はっきりした低温期、高温期があり、3か月くらいでだいたい月経開始から15日前後が排卵日を推定されました。

その後はタイミング法で、月経開始して8日目から12日目くらいに仲良しするように意識しました。

前回妊娠から3年以上経っていましたので、半年以上妊娠しなかった時には、卵子が老化して妊娠力が下がっているのか、それともタイミングが早すぎて精子が全滅しているのか、心配で仕方なかったですが、タイミングを取り始めて8か月目で妊娠し、気になる赤ちゃんは見事に女児と、産み分け大成功でした。

広告:産み分けなら「ハローベビー潤滑ゼリー」

産み分けに関しては迷信・ジンクスも世の中にたくさん存在しています。
もちろんそれらも効果があるのかもしれませんが、その前にしっかりと科学的に産み分けすることをお勧めします。

そんな中、貴方が強く産み分けを望むなら、現状おすすめ出来るのは「ハローベビー潤滑ゼリー」一択です。

ph値の調整を行い、膣内の酸性度や精子の状況を産み分けがしやすい環境にしてくれるだけではなく、精子を男性から女性に届けやすくしてくれるので妊娠率そのものも上がるからです。

そして何よりも日本製品という「品質と安全性の高さ」が魅力ですね。

国産の高品質な「ハローベビー潤滑ゼリー」で産み分けをしてみてはいかがでしょうか。

これだけの機能をもっているのにリーズナブルなのもポイント高しです。




>>安全&お手軽に男女産み分け「ハローベビーゼリー」

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 2017-4-24

    具体的なお灸のやり方とツボをご紹介します。【体験ブログ】

    私は体外受精により妊娠することが出来ました。 一度目の移植では妊娠せず、二度目の移植で成功…
  2. 男性 不妊症 チェック

    2015-3-29

    不妊症チェックリスト – 20項目 【男性編】

    男性不妊かも?セルフチェックリスト 最近では不妊症のカップルのうち、原因の半分は男性にあると言…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る