40歳手前で最後のチャンス。女の子が欲しくて。【産み分けブログ】


どうやったら女の子を生むことが出来るか調べました。

私は今から3年前に出産をしました。もともと女の子が欲しくて、妊活中から、女の子を生んだ友人たちにどうやって産み分けたのか聞きまくっていました。

人それぞれ違いがあるし、産み分けに成功したという人もいましたが、実際には失敗をしたという友人もいたのです。

また妊活中に通っていた産婦人科の同じヨガクラスのママさんたちにもよく聞いていましたね。
どうやったら女の子を生むことが出来るかということを。




>>安全&お手軽に男女産み分け「ハローベビーゼリー」

一番意見としてはわたしに掛けられた言葉は、ピンクゼリーを使えばいいじゃんという言葉。

確かにそうなんですよね。そのような病院でもらえるゼリーで産み分けをすることだって出来るんです。
でもそうしなかったのには理由があります。

それは自分がもう40歳手前であり、何かゼリーでも使用して赤ちゃんの産み分けに成功したけれど、もしも赤ちゃんに障害でもあったらどうなるだろう?食品をベースにしたゼリーで安全性はわかっているけれど、自分がすこしでも妊活中に使用して、それがのちに影響を及ぼしたら、私は一生後悔をすると思っていたのですね。

そのためになるべく自然にということを心掛け、ピンクゼリーなどは使いたくなかったというのが本音です。

膣内が酸性の方が良いということからそのように心掛けました。

そして私がみんなに聞きまくって、そして調べまくって行った産み分け方法は、排卵日の3日前から、毎日あっさりした夫婦生活をするということです。

女の子を産み分ける時には、膣内が酸性の方が良いということからそのように心掛けました。
排卵日に近づくほど、膣はアルカリ性になるのですが、女の子を産み分ける時には、膣内を酸性にした方が良いということから生理日よりも少し離れた時から夫婦生活を始めました。

でもなかなか妊娠自体が難しかったんですよね。

その間にもう一つ得た情報が、膣を酢で洗うという方法。これは1Lのお湯に酢を小さじ2杯入れたもので膣の中を洗浄すると酸性に傾くのでより産み分け効果が高いと聞いたのです。

それからは夫婦生活の前に入浴するときにいつも洗うようにしていました。

これを心掛けてから、4か月後無事に妊娠しました。

赤ちゃんの性別が出るまでドキドキでしたが、女の子と分かった瞬間にホッとしました。
これが私の女の子の産み分け体験です。




>>安全&お手軽に男女産み分け「ハローベビーゼリー」

妊活サプリメント ランキング

>>妊活サプリメント選びに失敗したくないなら!
2017年最新ランキングはこちら

妊活おすすめ食材・食事一覧



関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 妊娠 女の子 産み分け

    2016-12-28

    私の産み分け成功談。2つのポイントは・・・【産み分けブログ】

    我が家には5歳の娘がいます。 ちょうど6年前のことです。当時5歳になる双子の息子がおりました。…
  2. Cさんの不妊治療体験ブログ全7回

    2016-9-30

    ブライダルチェックで子宮内膜症発覚。私が妊娠出来るまで。【体験ブログ】

    25歳での結婚。今の社会では比較的早いほうだったのではないかと思います。 しかし出産までは長い…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る