運動音痴な私はウォーキングと散歩で妊活

29歳で結婚し、31歳から不妊治療を始めました。
原因不明の不妊症だったため、基本的にタイミング法~人工授精へステップアップしていきました。

なお、結論から言うと人工授精4回目で妊娠出産することが出来ました。

個人的に最も効果があった妊活はウォーキングと散歩だったと思っていますので、いま不妊治療中の方が少しでも参考になるならと思い、綴っていこうと思います。

不健康な身体をお医者さんに叱られて

事の発端は産婦人科の先生に怒られたことです。

異常なほどの小食と、毎日の運動のしなさ、生活リズムの乱れを大いに産婦人科の先生に怒られました。
タイミング法を試していた際に怒られたのですが、月経不順の原因を聞かれたことで発覚したのです。

そこから大いに反省して、少しずつ運動を開始して体質改善を目指していったのです。

最初は1日30分歩くことから。

そう、いきなりランニング・・・・と思ったのですが、旦那の勧めもあって最初は1日30分歩くことから始めました。
体育会の旦那曰く、運動音痴かつ運動不足の私がいきなり走ったらヒザを怪我するだけだよと言われたからです。

唯一のルールは「必ず毎日30分歩くこと」でした。

雨の日も傘をさして歩くようにしていました。
徐々に慣れていって、次は45分、そして60分とのばしていったのです。

60分にまで伸ばした時からは週に1―2度の休養日を設け、かわりにストレッチを多めに行うようにしました。

60分まで伸びたのが開始してから3か月後でしたが、このころから大いに体調が変わっていったのを実感できるようになりました。
食事の量が増え、太もも、ふくらはぎを中心に肉付きがよくなり、朝の目覚めも良くなっていきました。

食事をしっかりと多めに取るようにしていたのと、水をガブガブ飲むようにしていたのも原因かもしれませんね。

また、意外に良かったのが美容です(笑)

沢山歩いて、沢山汗かいて、終わったらゆっくりお風呂に入って、モリモリご飯を食べる・・・
身体の調子が良くなったのはもちろんの事、見る見るうちに肌の調子が良くなっていきました。

妊活の為に始めたウォーキングですが、ここまで美容に良いとは思いませんでしたね。

運動と食事を休養と

個人的には運動と食事を休養のバランスがとても重要だと思いました。
過度な運動も食事も休養もNGだと思います。

それぞれをバランスよく行う事が妊活にとっては大事ではないでしょうか。

なお、60分のウォーキングと散歩を週に4-6回行うようになって2か月後、最初のスタートから約半年後に私は妊娠出来ました。
このウォーキングと散歩が直接の原因かはわかりませんが、個人的には一番効果があった妊活だったと思います。

千葉県在住
Sさん

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 性病 検査キット

    2016-12-27

    膿精液症で精液の色が黄色になったら?

    精液が黄色になったら膿精液症??画像を見たい人は・・・ 精液の色が急に黄色くなったり、変色した…
  2. 妊活 成功談

    2017-10-19

    冷えに効くストレッチ・運動で妊娠成功!【体験ブログ】

    私が妊活を始めてまず気になったのは、「体の冷え」でした。 基礎体温を測るようになり、驚いた…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る