二人目不妊の為、冷え性対策に注力しました【体験ブログ】

私が妊活中にいちばん気を付けていたのは、体の冷えでした。

二人目の妊娠がなかなかできず、おかしいなと思った時から、基礎体温をつけ始めましたが、つけてみて分かったことがあります。
それは第一子のころと比べて身体の全体的な体温がすこし低くなっているということが分かったのです。

自分なりに分析をしてみましたが、その一つの理由は、体重減少と筋肉量の減少です。

私は第1子を出産した後に、妊娠前よりも約5キロ程度体重が落ちました。
それは慣れない育児でストレスが多かったこと。

また食事に気を付ける余裕と時間が、満足になかったこと、そして運動を全くしなくなったので、筋力が落ちてしまったことが原因ではないかと思います。

体重が減ったことで脂肪も落ちましたので、環境による冷えを以前にもまして感じるようになりました。
また筋肉量も少なくなったので、基礎代謝も落ちて、体が熱を産生しないのです。

そのため、私の体温は全体的に低下したのではないかと分析をしました。

妊活中の身体の冷えは、妊娠を希望する人には大敵です。

基本的に冷えを感じる人は、手足だけではなくて、内臓も冷えて機能が弱っていることもありますよね。
内臓の機能が弱まると、卵巣や子宮の動きも緩慢なのではないでしょうか。

そのため、私は体をなるべく活性化させ、体温を上昇させることが大切なのではないかと思いました。

そこで私が気を付けたのは、体を温める食材を積極的に取ることでした。

その一つがしょうがです。
しょうがというと、体を温める代表的なものですね。

しょうがは料理の際にもよく使用していたのですが、生しょうがを紅茶に入れたり、しょうがパウダーを使用することで、もう少し利用率を上げました。

特に冬場は温かい飲み物プラスしょうがを使用することで、なるべく冷えが起こらないように注意をしていました。

次に取り入れた飲み物はたんぽぽコーヒーです。

カフェインは、血管を収縮させる働きがあるので、妊活中にたくさん摂取すると冷え性の原因などになりよくないと言われます。
しかし、私はコーヒーが大好きだったのですね。

コーヒーを飲めないことは、かなりストレスを感じることもあるほど。
そのため、私は、たんぽぽコーヒーを飲むことにしました。

たんぽぽコーヒーはノンカフェインなので、安心して飲むことができます。
またそれにしょうがパウダーを入れ、温かいものを常に飲むように心がけていました。

同じ病院に通う不妊治療中の方に教えてもらったのが、ルイボスティーです。

ノンカフェインなので、普段のお茶代わりに飲むことができます。
またルイボスティーはミネラルや鉄分などが豊富に含まれているのですね。

そのためこれから妊娠をしたいという人にとって、とてもおすすめできるお茶なのです。
少し甘味はありますが、あまり癖がない飲み物なので、不妊治療中の女性にはおすすめです。

また通販などでも購入できますが、ルイボスティーはドラッグストアなどで手軽の購入できるというものおすすめの理由の一つです。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 子宝神社

    2017-9-24

    仙台にある定義如来西方寺で子宝祈願で妊娠成功!【体験ブログ】

    私は、第一子を妊娠する前に、仙台にある定義如来西方寺というところに行ったことがあります。 …
  2. 妊活 成功談

    2017-1-9

    体外受精を決意。そして妊娠。その内容は・・・【体験ブログ】

    医師から体外受精へのステップアップを勧められ・・・ 私は「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と診…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る