ピラティスの効果は?冷え症に効果的♪【不妊症に効くおすすめ妊活】




ヨガに比べて短期間で筋力をアップできるピラティスの妊活効果


ピラティス

最近ではいろいろな種類のエクササイズが登場していますが、その中でも「ピラティス」というエクササイズをご存知でしょうか?

ピラティスは、もともと第一次世界大戦中に負傷兵のリハビリ目的の運動としてドイツで開発されたものです。


そのためお年寄りなど体力や筋力の弱い人でも簡単に始めることができる運動です。
ヨガと若干似ている部分がありますが、ヨガに比べて短期間で筋力をアップし姿勢の矯正などの効果を実感できます。


このピラティスが、実は不妊にも効果があるエクササイズとして最近注目を集めています。

冷え症を改善できるピラティスの妊活効果


ピラティスが不妊の改善に効果があると言われる理由として、冷え症を改善できるというということが挙げられます。


冷えは不妊の大敵であり、冷えを根本的に改善することが妊娠への近道となります。
ピラティスは簡単なエクササイズであるにも関わらず、インナーマッスルを鍛えることができます。


インナーマッスルが鍛えられると全身の血行が促進されるのはもちろんですが、内臓の働きも活発になるため栄養を効率よく吸収することができ代謝能力が上がります。


その結果卵巣や子宮の状態もよくなり、妊娠しやすい状態が作られるというわけです。


骨盤の歪みの改善効果もあるピラティス



またピラティスには骨盤の歪みを矯正する効果もあります。
骨盤の歪みは血行不良を招き、結果として骨盤内に納まっている子宮や卵巣などの臓器も冷えを起こし子宮内膜症や子宮筋腫といった症状が現れ不妊を引き起こします。


また体の歪みは自律神経の乱れも引き起こすと言われています。
自律神経はホルモンの分泌を司る大切なものであり、自律神経が乱れれば当然ホルモンバランスも崩れてしまいます。


不妊治療中というのはただでさえストレスを抱えやすくイライラしたり憂うつな気分になってしまいがちであり、これががさらに自律神経の乱れに拍車をかけ不妊を悪化させてしまいます。


ピラティスにはこうした問題を改善する効果も期待できるのです。


このようにピラティスは不妊を改善する効果が高いエクササイズとして近年不妊治療の一環で取り入れられることも多くなってきました。


運動が苦手でこれまでどれも長続きしなかった、という人でもピラティスなら安心して始めることができるはずです。


不妊で悩んでいる人は是非一度試してみることをお勧めします。

ブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」で代謝アップ!


不妊の元にもなる冷え性の原因は加齢からくる「基礎代謝の低下」が大きいとされています。
ピラティスでも代謝を上げる事ができますが、食事によって内から代謝を上げていく必要もあります。
そこで代謝をあげる効果が高い食材として知られているのが「ブロッコリー」って知っていましたか?

さらに言うと、ブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。


この「ブロリコ」は東京大学と民間企業が協力して、5年以上の研究機関を経て抽出に成功した大変貴重な成分であり、「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つとされています・・・凄いですね・・・

ゆっくりと食事や運動で妊活をしていくのも良いですが、加齢で衰えた身体を健康にしたい方、妊娠に向けて健康な身体づくりをしたい方、そのような方は一度ブロリコを試してみてみてはいかがでしょうか。

ブロリコ-口コミ-評判


【限定】定期&まとめ買いでプライスダウン中!



2017年度 妊活サプリメントランキング


関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 体験ブログ

    2016-7-28

    9年間の不妊治療を断念しました。 【不妊治療体験ブログ】

    32歳で結婚、41歳の誕生日に不妊治療の断念を決意しました 32歳で結婚、年齢も30歳を越して…
  2. 2016-3-28

    東尾理子さんの不妊原因と治療法は?【不妊治療した芸能人】

    東尾理子さんの不妊治療内容と妊娠、子供出産までの経緯 【2016年3月28日追記】あの東尾理子…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る