ソニア・クルーガーさんの不妊原因と治療法は?【不妊治療した芸能人】

オーストラリアの人気司会者「ソニア・クルーガー」が48歳でIVF

45歳で結婚し、子供への思いを諦めきれず48歳で体外受精にチャレンジし、子宝に恵まれたのがオーストラリアの人気司会者「ソニア・クルーガー」さん。
日本での知名度はイマイチ・・・ですが、オーストラリアでは知らない方はいないほどの人気司会者なんです。

日本では全く知られていませんが、48歳で体外受精、そして49歳で出産・・・・と聞けばさすがに世界でもそんなに症例が少ないですよね。
今回はそんなソニア・クルーガーさんの不妊原因と治療法についてご紹介していきます。

>>不妊治療・妊活をした芸能人・有名人一覧はこちら

医者にきっぱりと不可能と言われるも・・・

IVFの担当医師にまでハッキリと「妊娠確率は0%」と言われたそうです。
そうれもそのはず、女性の妊娠率は35歳を機にぐんぐん下がっていくものなんです。

35歳で下がり始めるのですから48歳というと本当に限りなく0%の妊娠率といって良いでしょう。
医者にきっぱりと不可能と言われるのもわかります。

これは今の日本でも一緒で、クリニックによっては40歳以上の不妊治療を断ったりするところもあるほど。

だからこそ48歳で妊娠成功という事の凄さがわかりますよね。
まさに奇跡的といって良いでしょう。

卵子提供にて体外受精

高齢出産で妊娠率が下がる大きな理由が卵子の老化。
卵子は若ければ若いほど妊娠率が高く、それほどに卵子の年齢は重要なのです。

48歳であったソニア・クルーガーさんの卵子年齢は正直妊娠は望めないレベルだったのでしょう。
知り合いの女性から卵子を提供してもらい、体外受精を行ったようです。

いずれにせよ49歳での体外受精は本当に奇跡的ですね。
凄い事だと思います。

>>不妊治療・妊活をした芸能人・有名人一覧はこちら

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 排卵検査薬

    2015-10-13

    排卵検査薬の正しい使い方。失敗しないタイミングとは?【妊活グッズ】

    排卵検査薬の使い方間違えてませんか? 近年若い世代でも不妊に悩む人は少なくありません。 不妊…
  2. セキソビット(シクロフェニル)

    2016-8-8

    スルーラの口コミ&評判は?【妊活用善玉育菌サプリ】

    妊活有効成分をしっかりと吸収できていますか? 妊活中の食事は非常に大事ですよね。 将来的に自…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る