莫大な治療費用がかかる海外での卵子提供

何かしらの不妊症によって、自己の健全な卵子による妊娠が望めない場合卵子提供による不妊治療というものがあります。
例えば高齢のため自分では採卵できないような健康な卵子を若くて健康な女性から提供してもらえれば妊娠率は顕著にアップするのです。

そんな卵子提供ですが、この日本においては全くといって良いほど浸透していません。
特に日本産婦人科学会は卵子提供に関しては不干渉といって良いでしょう。
推進もしていませんし禁止もしていません。
さらには日本においては政府の定める法律も整っていないのが現状です。

日本で卵子提供を受けるには海外のみ?

そこで日本の方がどうしているかというと、「海外での卵子提供」を受けるのです。
ただ、そんな海外での卵子提供では多くの問題点が浮き上がってきます。

まず第一に倫理的な問題。

また、大きな問題として「莫大な治療費用」でしょう。
海外での卵子提供プログラムにて妊娠出産するには多額の治療費を払う事になるのです。
今回はそんな莫大な治療費用がかかる海外での卵子提供についてご紹介します。

アメリカの卵子提供プログラム費用

結論から言うと、500万円~600万円程の治療費用がかかるようです。
この費用の内訳としては、

  • 医療費
  • 検査費
  • 障害保険掛金
  • ドナー登録機関手数料
  • 航空券代金
  • 宿泊費等
  • コーディネート手数料
  • 薬代 etc…

これだけの費用がかかってくるそうです。
ただ、これだけの費用を支払ってまでもアメリカの卵子提供プログラムを受ける方が後を絶たないらしいです。

その他の外国ではかなり割安に?

例えばタイなどで卵子提供プログラムに参加すると、宿泊代や航空代を除いて200万円以下で行うところもあるようです。
また最近ではさらに安価な価格で台湾での卵子提供も行うところがあるようです。

いずれにせよ、他の不妊治療と比べて高額なのは確かでしょう。
しっかりと費用を考えたうえで、何が大事なのかしっかりと決めてから実行に移しましょう。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 成功談

    2017-4-14

    多嚢胞性卵巣で7回人工授精して妊娠。【体験ブログ】

    まさか自分が排卵障害だったとは驚きました。 結婚して2年なかなか自己タイミングで妊娠せず、病院…
  2. 男性 不妊症 チェック

    2015-3-29

    不妊症チェックリスト – 20項目 【男性編】

    男性不妊かも?セルフチェックリスト 最近では不妊症のカップルのうち、原因の半分は男性にあると言…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る