卵子提供の裏の世界。ドナー報酬など、美談の裏側には。

卵子提供ビジネスの裏の世界

不妊カップルであれば、卵子提供という言葉は聞いたことがあるでしょう。
まだまだ日本では認知も法整備も整ってはいませんが、アメリカを中心とした欧米では巨大なビジネスとなっているようです。

卵子を提供するドナーより、卵子を提供してもらい人工的に授精させて女性の体内に戻し、晴れて子供を授かるというものです。
子供を授かる、というと非常に聞こえがいいのですが、現在その卵子提供の裏の世界が問題となっているのです。

若い女性の身体の資源化

卵子は若ければ若いほど良いとされています。
若い卵子の方が妊娠率や着床率も高くなるからです。

この為、卵子提供のドナーに若い女性が求められます。
まだまだ知識の浅いまま、ドナー報酬目当てで卵子提供を行う若い女性が急増しているのです。

なお、日本での卵子提供は原則不可能の為、海外で卵子提供を受けることになりますが、当然海外の方の卵子を使うよりも同じ日本人の卵子を求める事が多く、海外留学している日本人女子大学生が卵子提供を行うケースもあるようです。

卵子というものは有限であり、一人の女性に生まれたときから一定数の卵子しか体内に無いのです。
それを売買するのですから若い女性の身体の資源化といっても良いでしょう。

貧困層からの搾取

また、卵子提供を実施するには多額の費用が掛かります。
それだけの収入が無ければ出来ないのです。

逆に卵子提供のドナーは貧困層である場合が多いのも特徴です。
これはまさに貧困層からの搾取といって良いかもしれません。

若い貧困層の女性の卵子を資源化していく卵子提供ビジネスの先には何が待っているのでしょうか。

不妊治療医やあっせん業者が、十分なリスク、科学的考察を伝えないまま若い女性の身体の資源化

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 排卵検査薬

    2015-10-13

    排卵検査薬の正しい使い方。失敗しないタイミングとは?【妊活グッズ】

    排卵検査薬の使い方間違えてませんか? 近年若い世代でも不妊に悩む人は少なくありません。 不妊…
  2. 子宝神社

    2017-9-24

    仙台にある定義如来西方寺で子宝祈願で妊娠成功!【体験ブログ】

    私は、第一子を妊娠する前に、仙台にある定義如来西方寺というところに行ったことがあります。 …

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る