とてつもない費用がかかる代理出産の費用

代理出産は読んで字のごとく、不妊症や先天性の疾患、やむを得ない理由で子供を産めない女性が代理母に自分に代わって子供を産んでもらう事を言います。
いろんな問題点を孕んでいる代理出産ですが、「子供を得る」という面でみれば多大な効果があるのは確かです。

この代理出産は日本においては法整備は全くと言っていいほど整っていません。
このため、国内事例としてはまだまだ少ないのが現状です。

なので、日本で代理出産を望む方のほとんどが海外で行っているのが現状です。
最近では元プロレスラーの高田延彦さんと向井亜紀さん夫婦がアメリカで代理出産をされて話題になりましたね。

正直に言うと、この高田延彦さんと向井亜紀さん夫婦がアメリカで行った代理出産にも多くの金額が動いたといわれています。
感動的な話の裏には多額の治療費があることをお忘れない様に。

今回はそんな海外での代理出産にかかる費用についてご紹介します。

アメリカでの代理出産プログラムの費用は・・・!!

結論から言うと、2000万円以上の費用がアメリカでの代理出産プログラムにはかかることが多いです。

これらの費用には
体外受精費用や胚移植にかかる費用、各種検査費用、なんといっても代理母の為の保険、出産費用、代理母の入院費用、コーディネート手数料や宿泊費、航空券代金等々、ありとあらゆる費用がかかってきます。

また、特徴的なのが通訳料金や親権申請の為の弁護士料金なども含まれてきます。

この2000万円以上という費用が高いかどうかは個人が判断すべきことです。
ただ一つ言えるのは、女性が妊娠し出産するという事は死と隣り合わせの事であり、それを代理してもらうのが代理出産なのです。

その他海外での代理出産費用

海外で代理出産を行っていて有名な国と言えばインドです。
インドでは女性が収入の為に代理母を行う場合が多いとのことです・・・

なお、インドの場合はアメリカと比べて約半分の1000万円ほどと言われています。
国が違うだけでこれだけの差があるのですね。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 産み分け体験談

    2016-10-4

    男の子1人、女の子1人を産み分けしました。【産み分けブログ】

    男の子1人、女の子1人の子供がいる、結婚4年目になる20代後半既婚女性です。 私が産み…
  2. 体験ブログ

    2016-7-28

    9年間の不妊治療を断念しました。 【不妊治療体験ブログ】

    32歳で結婚、41歳の誕生日に不妊治療の断念を決意しました 32歳で結婚、年齢も30歳を越して…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る