一回の流産なら染色体異常が最大の原因だけど・・・


妊娠初期に発生する流産の原因の大半は胎児の染色体異常が原因と言われています。
確率で見ていくと、流産そのものの割合・発生率が10-15%程度といわれ、その流産の中でも70%ほどが胎児の染色体異常が原因とされています。

1回のみの流産というものは8-10人に1人も発生する確率ですので、一回で不育症を疑う事はありません。

しかし、この流産が2回、3回と繰り返された場合は他の原因を強く疑うべきです。
複数回流産を繰り返す場合は、胎児の染色体異常ではなく両親のどちらかにリスク因子がある場合がある可能性が高くなります。


不育症に関しては様々な原因やリスク因子が確認されており、原因特定の為には多種多様な検査を必要とします。


母親側にはたくさんの可能性がある


基本的に不育症に関しては夫婦どちらにでも原因になり得るリスク因子は存在しています。
ただ、女性に関しては男性よりも多くのリスク因子をもっており、原因も多種多様です。

特に流産した時期が妊娠10週以降の場合では、女性側に原因がある場合が多いとされています。
主な女性側の要因としては


  • 子宮形態異常
  • 凝固異常(抗リン脂質抗体症候群)
  • 内分泌異常


等が考えられます。
これらの原因を特定するために様々な検査を行っていき、徐々にスクリーニングをかけて特定していきます。



原因不明の場合も多い不育症



原因の種類が多い不育症ですが、あらゆる検査を行っても原因を特定できない原因不明の場合も多いとされています。
このような場合は遺伝的に引き起こされる偶発的な染色体異常を複数回繰り返した可能性もあります。






妊活サプリメント ランキング

>>妊活サプリメント選びに失敗したくないなら!
2017年最新ランキングはこちら

妊活おすすめ食材・食事一覧



関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. チアシード 妊活

    2017-8-24

    チアシードの効果は?お手軽妊活に最適!【妊活におすすめの食材】

    小さな粒からは想像できないほど、たくさんの栄養素を含んでいるチアシード 海外セレブやモ…
  2. 安倍昭恵 不妊

    2016-8-16

    安倍昭恵さんの不妊原因と治療・妊娠は?【不妊治療した有名人】

    安倍晋三首相の奥様である安倍昭恵さんが不妊で苦しんだ過去を告白 首相の妻として旦那の安…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る