妊娠率は年齢に比例するの?

一般的に言われていることですが、女性が一番妊娠しやすい年齢は25歳以下と言われています。
25歳前後の健全な男女が通常の性生活をした場合、毎月の妊娠率は30%前後なのです。

これが年齢を重ねていくにあたって徐々に減少していき、35歳を過ぎると一気に妊娠率は下がっていきます。

25歳前後の女性が妊娠にかかる平均期間が60-90日と言われていますが、
35歳以上となると妊娠にかかる平均期間が180日以上かかるのです。

妊娠率が年齢に比例するするのがお判りいただけたでしょうか。
だからこそ、公的機関が35歳以上での妊娠率の低下を問題視し、「高齢出産」と定義付けしているのです。

しいっかりと妊娠しやすい年齢を理解し、その期間に妊娠を目指すことをお勧めします。

晩婚化が進む日本

今現在日本で問題となっているのが晩婚化です。
女性が一番妊娠しやすい期間である25歳前後で結婚する方が減ってきており、結婚した時点で妊娠適齢期を過ぎてしまっているのです。
これでは赤ちゃんが出来にくくなるのは当然ですね。

少子高齢化の原因もここにあるのです・

なぜ35歳以上は妊娠しづらくなるの?

ではなぜ35歳以上は妊娠しづらくなるのでしょうか。

答えは卵子の質の低下です。

卵子は生まれたときからずーーーっと体内にあり、一定数しか体内にないのです。
25年間で受精するのか、35歳で受精するのか、を考えたとき前者の方が質が良いのはわかると思います。

この差が一番大きいと言われています。

とはいっても、最近は不妊治療や高齢出産治療も発達してきており、一昔前から比べるとそんなに大きな差ではなくなっています。
芸能人や有名人でも40歳以上で妊娠される方も多くいて、一般的になってきたこともあります。

ですが、妊娠を望むなら早いに越したことありません。
どうしても子供が欲しいなら結婚して数年後に・・・とは考えず、しっかりとパートナーと話し合ってなるべく早い妊娠が良いかもしれませんね。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 体験談

    2017-5-31

    卵管閉塞と子宮内膜症を治療して妊娠した私の妊活。【体験ブログ】

    不妊4年目に入ったところで不妊治療を始めました。 結婚2年目にして、なんとなく妊活を開始し…
  2. 妊活 成功談

    2017-1-30

    焦らず、夫婦二人でゆっくり妊活中です。【体験ブログ】

    結婚前、【妊活】という言葉は全くピンと来ないものでした。 若いころからたくさん教えてもらうのは…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る