妊娠ができない・不妊の10つの理由・原因

実はとっても多い不妊の割合

結婚をしたら自然に妊娠できる、インターネットが普及してこれほど情報が出回っている現代でも、そう思っている人は多いのではないでしょうか。
健康で若い男女が排卵日に合わせて性行為をしたとしても妊娠する確率は約20~25%だと言われています。

しかもこれは、生理周期が安定している、妊娠しやすい女性の場合での確率となります。
健康な男女が子供を望んで性行為を行っているにもかかわらず、2年以上赤ちゃんができないことを不妊症といいます。
その発生頻度は、1割と言われています。

では、妊娠ができない理由はどのようなものがあるでしょうか。

不妊の10つの理由・原因

1.妊娠のタイミングを逃す

一番妊娠しやすいと言われている時期は排卵日前後を含めた5日間と言われています。
排卵日が一定している女性はこのストレスの多い社会では少ないと思われます。
そのため排卵日に性交渉をすることができないということが考えられます。

2.排卵障害

ホルモンの異常により、卵子を排卵しない状態です。

3.キャッチアップ障害(卵管采不全)

卵子を卵管に取り込む卵管采が機能しない状態です。

4.卵管因子(卵管通過障害)

卵管が何かの原因で詰まっており、卵子が通れない状態です。

5.着床・内膜因子(子宮内膜症・黄体不全)

子宮内膜の異常や内膜を維持するためのホルモンを分泌する黄体の機能に異常がある状態です。

6.子宮頸管因子

精子の通り道である子宮頚管の機能が異常な状態です。

7.子宮因子(子宮奇形)

子宮の形に奇形がある状態です。

8.免疫因子(抗精子抗体等)

精子を異物と認識して免疫で攻撃する状態です。

9.男性因子(精子因子・ED・射精障害等)

精子が少なかったり、なかったり、運動率が低い状態です。

10.原因不明

また、意外に多いのが原因不明での不妊症です。
上記のいずれにも当てはまらないにも関わらず妊娠が出来ない場合は原因不明での不妊症とされます。

このように、女性だけではなく、男性にも問題があることがあり、妊娠できない理由は二人で追求しなければなりません。
まずは、ネットの情報だけにとらわれず、産婦人科やクリニックに行ってしっかりと不妊症検査を行う事が大事です。

くれぐれも自己判断だけはやめましょう。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 体験記 不妊治療

    2017-4-14

    稽留流産からの人工授精5回目で陽性反応。妊娠まで。【体験ブログ】

    多胞能性卵巣。流産。子宮外妊娠。人工授精。私が妊娠するまで。 私も、不妊治療を経験しました。 …
  2. 2016-12-20

    現在妊娠7ヶ月の初妊婦です。タイミング療法で妊娠しました。【体験ブログ】

    地元で有名な不妊治療クリニックの門を叩きました。 子供が欲しいと思い基礎体温を測り、排卵日を予…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る