私が行った産み分け方法についての体験談を書きます。

当時私は32歳、妻は27歳でした。結果を先に言いますと、産み分けを実践した効果があったのか欲しかった男の子を授かりました。

まず、妻と子作りをしようとの話になった上で、男の子と女の子どちらが欲しいとの話になりました。
妻は男の子女の子どちらでも良かった様子でしたが、私はどうしても跡取りが欲しかったので、何とか男の子を第1子で産みたいと思っていました。

もし第1子で女の子が産まれてしまえば、第2子は絶対男の子を産まなければいけないというプレッシャーも出てきてしまいます。

そんな心配を無くすために私が実践した産み分け方法が4つあります。

1つ目は特定の食べ物を多く取るということです。

妻には野菜・果物を沢山食べ、肉を控えるように勧めました。
何故かというと、Y精子(男の子)が野菜・果物に多く含まれるアルカリ性に強く、肉に含まれる酸性に弱い為です。

その為、妻の体内環境を少しでもアルカリ性に近づけたかった為です。

2つ目が、禁欲をして精子を沢山溜めたことです。

だいたい一週間分溜めました。理由はY精子(男の子)とX精子(女の子)の数は一緒ではなく、精子の量が多ければ多いほどY精子(男の子)の比率が多くなる為です。

3つ目が、排卵日当日に性行為をすることです。

Y精子(男の子)の寿命はX精子(女の子)よりも短いので、性行為時に排卵されていないと先に死んでしまい、X精子(女の子)の割合いが上がってしまいます。

最後の4つ目が、性行為時に出来るだけ膣の奥深くまで入れて射精をすることです。

さらに、その時の体位は交配位で、射精後もしばらく妻にはそのままの格好でいてもらいました。
理由はY精子(男の子)はX精子(女の子)よりも短寿命ですが活発なので、先に卵子へ辿り着けます。

さらに酸性の膣内を泳ぐ時間も短くなるので、Y精子(男の子)の数も減らさずに済みます。後はY精子(男の子)が逆流しないように暫く妻には四つん這いの格好のままでいてもらいました。

以上が私と妻が実践した産み分け方法です。

科学的根拠があるかどうか分かりませんが、結果論からすると上手く産み分けができました。
後は女性が絶頂を感じるとアルカリ性の分泌液が出て膣内の酸性を中和してくれます。

是非男の子が欲しい方は愛情溢れる濃厚な子作りで奥さんを満たしてあげて下さい。

もし女の子が欲しい場合は、私が体験した事とは逆の事をすれば女の子が産まれる確率が上がると思います。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 卵黄 妊活

    2017-8-24

    たまご(卵黄)の効果・効能【妊活におすすめの食材】

    「たまご(卵黄)」には、様々な栄養素が含まれています 「たまご(卵黄)」といってもいろいろな種…
  2. 風水 子宝 妊娠

    2015-2-7

    風水で子宝祈願&妊娠力アップ!

    風水で妊活!簡単に出来る子宝風水とは? なんと4000年の歴史があると言われる「風水」…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る