山本(中西)モナさんの不妊原因と治療法は?【不妊治療した芸能人】

山本(中西)モナさんの不妊治療内容と妊娠、子供出産までの経緯

今では2人の子供を授かった山本モナさんですが、数年間に及ぶ不妊治療を受けていたそうです。
そのあいだは非常に大変だったようで、夫婦仲はもちろん、身体的に辛かったようです。

やはり数年間に及ぶ不妊治療というものは精神的にも大変なものです。
当然夫婦仲を保つにはお互いの努力が必要となってきます。しかし、それもずっと続いていくには並大抵の努力が求められるため、途中で根も精も尽き果ててしまうことも・・・

芸能人といえどそれは同じ。
山本(中西)モナさん夫婦も相当に大変だったようです。

>>不妊治療・妊活をした芸能人・有名人一覧はこちら

痛い筋肉注射で排卵。けれど山本モナさんの旦那は仕事・・

不妊治療中は夫婦仲も良くなかったようです
本人曰く、「その間、ダンナ様とも何度もケンカしました」とのこでした。

毎日毎日薬を飲んで、やっと育った卵子を痛い筋肉注射で排卵させた月に一回のチャンスに旦那は疲れ切っていて・・・
など、お互い大変だったようです。

山本(中西)モナさんの不妊原因

多嚢胞性卵巣症候群ということでブログで明かされていました。

多嚢胞性卵巣症候群は卵胞が受精可能な大きさにまで育たないというもので、排卵が起こらず妊娠とならなかったようです。

山本(中西)モナさんの不妊治療内容、方法

多嚢胞性卵巣症候群は排卵誘発剤などを経口で接種する場合や、特定の薬品を毎日自分で注射するような治療法を用いる場合もあります。
山本(中西)モナさんの場合、「毎日毎日薬を飲んでいた」という事から経口にて薬を処方していたのですね。

さらに筋肉注射で排卵させ、その時に性行を行う事で受精をしようとしていたようです。

その結果か、2012年7月に第1子女児を出産。2014年6月には2子目となる男児を出産されたそうです。
しかも長女出産の際は帝王切開だったそうです。
さらに、2子目を出産されたのが37歳ですので高齢出産ですし、山本(中西)モナさんの頑張りが物凄く感じられますね。

その陰では反発しあいながらも支えてきたパートナーの手助けが感じられますね。

>>他の不妊治療を経験した芸能人、有名人一覧(約50名紹介中)はこちら

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. セロフェン

    2016-10-2

    29歳で不妊治療開始。治療費用、流れの全記録。【体験ブログ】

    タイミング法から人工授精、体外受精、顕微授精へステップアップしていきました。 結婚は早かっ…
  2. 体験ブログ

    2016-7-28

    9年間の不妊治療を断念しました。 【不妊治療体験ブログ】

    32歳で結婚、41歳の誕生日に不妊治療の断念を決意しました 32歳で結婚、年齢も30歳を越して…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る