一旦受精卵を冷凍させて保存

基本的に体外受精や顕微授精は、採精によって採取した精子と採卵によって採取した卵子を受精させて受精卵を作り、子宮に戻していき、妊娠を目指すものです。
この際、出来た受精卵を次の周期が来た時すぐに戻すことを新鮮胚移植といい、受精卵が複数個出来た場合において、一旦(余った)受精卵を冷凍させて保存しておき、次回以降の周期に融解させて子宮に戻すことを凍結胚移植(凍結融解胚移植)といいます。

というのも体外受精や顕微授精を行う際、卵子と精子を受精させ、一回に複数個の受精卵が出来る事が結構あります。
せいぜい新鮮胚移植で子宮に戻せる受精卵は1~2個が限度と言われていますので、せっかくできた受精卵が余ってしまう事になるのです。

この余った受精卵を次回以降の体外受精、顕微授精時に使用するというのが凍結胚移植なのです。

1回の採卵での妊娠の可能性を最大に広げる凍結胚移植

採卵というものは排卵誘発剤を使用したり、かなずしも女性に優しい技術とは言えません。
安全とはいえ、女性の身体に負担をかける事は間違いないのです。

ですが、この凍結融解胚移植を行えば、一回の採卵で限りなく受精卵を確保できるのでとても女性に優しい技術なのです。

排卵誘発剤を何回も何回も行う事は女性の身体的負担が増すばかりか、精神的にも辛く、更には経済的な負担も重くのしかかってくるのです。

受精卵を急速冷凍して保存し、女性の身体の準備が万全な状態で行うという、高度生殖医療の最先端技術、それが凍結胚移植(凍結融解胚移植)なのです。

凍結胚移植(凍結融解胚移植)の安全性は?

昨今の医療技術の発展に伴い、かなり安全になってきたことも凍結胚移植(凍結融解胚移植)の特徴です。
ここに関しては次回以降ご紹介をしていこうと思います。

関連記事


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 体験記 不妊治療

    2017-5-27

    体外受精を3回。妊娠出来たのは食事・飲料の見直しから。【体験ブログ】

    「妊活中にあまり摂取していけない以外な飲み物」 私は不妊治療体験者です。 体外受精を3回経験…
  2. 子宝神社

    2017-9-24

    仙台にある定義如来西方寺で子宝祈願で妊娠成功!【体験ブログ】

    私は、第一子を妊娠する前に、仙台にある定義如来西方寺というところに行ったことがあります。 …

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る