黄体機能不全とは?

妊娠するためには必ず着床しなくてはいけません。
その着床の流れとしてはまず、卵胞ホルモンによって子宮内膜が厚くなっていきます。
そしてさらに受精卵が着床しやすいように黄体ホルモンが子宮内膜を着床の準備に取り掛からせるのです。

黄体機能不全とはこの黄体ホルモンが機能せず、子宮内膜を着床の準備がままならないままになって着床できない事を言います

黄体ホルモンは着床にとって非常に重要なホルモンであり、排卵前の状態と比べると、30倍近く分泌されます。

黄体機能不全の検査方法は?

黄体機能不全の診断基準としては一般的に以下の基準があります。

  • 子宮内膜の厚さ 8mm以内
  • 黄体ホルモン 10ng/ml未満
  • (※!)高低の温度差 0.3度以内
  • (※!)高温期の持続 9日以内
  • 排卵日から次の月経までの期間が10日以内の場合

(※!)上記3.4番目のの基礎体温の高温期が短かったり高低の差が・・という判断基準ですがこれは精度に疑問が残ります。
一部の他サイトでこの診断基準がおおまっぴらに掲載されていますが、医者の診断なしに自らの基礎体温調査で黄体機能不全の診断をするのは絶対にいけません。

測るのであれば、5番目の「排卵日から次の月経までの期間が10日以内の場合」の方が精度はまだ高いといえます。

現在は、基本的には二番目の血中に含まれる黄体ホルモンの含有量を目安に黄体機能不全の診断をしているところがほとんどです。

黄体機能不全が原因の場合の着床障害の治療法は?

黄体ホルモンが機能せず、子宮内膜を着床の準備がままならないままになって着床できないのが黄体機能不全ですので、この黄体ホルモンを体の中に入れてあげることが何よりの治療法となります。
これに関しては黄体ホルモンの飲み薬(プロゲステロン)や、HCG注射(絨毛性性腺刺激ホルモン注射)を行う場合が多くなっています。

しかし、このようなホルモン治療に関しては副作用が大きなデメリットです。
ホルモン治療をするのであれば、どのような治療をするにせよ、しっかりと医師と副作用についてしっておきましょう。

以上が黄体機能不全が原因の場合の着床障害の治療法でした。
検査方法でも書きましたが、基礎体温の検査に関しては精度が低いのであんまり情報を過信しないようにしましょう

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 成功談

    2017-1-9

    体外受精を決意。そして妊娠。その内容は・・・【体験ブログ】

    医師から体外受精へのステップアップを勧められ・・・ 私は「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と診…
  2. Gさんの不妊治療体験ブログ【全9回】

    2017-9-25

    低体温の私がした冷え性対策4種類のご紹介。【体験ブログ】

    運動はしない、低体温の私はどう考えても妊娠しにくい身体でした。 基礎体温を測ってもあまりはっき…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る