男性も受けるべき? 男性のブライダルチェックとは?

数十年前までは不妊症というものは女性ならではの病気とされ、子供が出来ない=女性が原因という考えがまかりとおってきました。

しかし、最新の不妊治療の現場で見てみると実に不妊症カップルの原因の半分は男性側にあると言われており、不妊症=女性の言う考えはなくなっているのです。

そのような考え方の中で、ブライダルチェックは女性限定だと認識されていますが、実は男性にもしっかりとブライダルチェックはあるのです。

しかし、男性は特に泌尿器科系の検査を拒む傾向が強いため、女性のブライダルチェックと比べてまだまだ浸透していないのが現実です。

もしこのページを見ているのが男性ならば、ぜひとも恥ずかしからずに敬遠しないでしっかりとブライダルチェックを受けましょう

くどいようですが、不妊症の原因の半分は男性にあるのですから、結婚前に自身の状態を知っておいて相手に伝えることは義務なのです。

基本的には尿検査、精液採取、性病検査、問診

男性のブライダルチェックの場合、泌尿器科で淋病やクラミジア検査、HIV・淋病などの性病、そして問診を行う事が主と言えるでしょう。

男性がこのブライダルチェックを拒む大きな理由の一つに精液採取があります。
クリニックで精液を採精室にて自分で採取する検査です。

嫌だと思っても、嫌だと言われても、ここは将来の子供の為にしっかりと検査を受ける事をお勧めします。
安心した将来の計画を立てるためは、恥ずかしさなんておいておきましょう。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 不妊治療

    2016-7-31

    20代後半で結婚。妊娠するまでに2年以上はかかりました。【体験ブログ】

    私は結婚した時は20代後半でしたが、結婚と同時に不妊治療を始めました。 私が不妊治療を始めた理…
  2. 排卵検査薬

    2017-12-25

    37歳で結婚、39歳で出産成功。私のお勧め妊活は…【体験ブログ】

    私が出産した年齢は39歳でした。 結婚したのは37歳直前だったので、高齢出産になることは間違い…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る