プチ断食の効果は?不妊症改善に効果抜群♪【不妊症に効くおすすめ妊活】




プチ断食で内臓に休息を与えましょう


プチ断食

最近では不妊に悩んでいる女性は珍しくありません。
中には不妊治療に年間数十万もの費用を投資している人もいます。


しかし昔から「子どもは授かりもの」と言われるように、不妊治療をしたから必ず妊娠できるというわけではありません。
不妊治療がストレスを増やし、さらに不妊を悪化させているという悪循環に陥ってしまうことも少なくないでしょう。


最近では「プチ断食」が不妊の改善にも効果があると言われて注目を集めています。


内臓に休息を与え本来の機能を取り戻すプチ断食


断食とは文字通り「食を絶つ」ことであり、もともとは修行として行われていたものです。
プチ断食とは自分のできる範囲でも断食を行うことで、例えば土曜日だけ何も食べない週末断食や朝だけ何も食べない朝食断食などがそれに当たります。


プチ断食の目的は、日頃絶え間なく動き続けている内臓に休息を与え本来の機能を取り戻してもらうということです。
本来の機能が戻ることで、血流の改善や老廃物の排出が促され体が内側からすっきりします。


体の機能が向上するということは、子宮や卵巣など妊娠に深く関係する臓器の機能も向上するということです。
実際生理不順の症状があった女性がプチ断食を行ったところ、改善されたという声も聞かれています。


プチ断食で本能的に生命の危機を感じて子孫を残そうとする働きを。



またプチ断食には子孫を残そうとする働きを高める効果もあると言われています。
食欲と睡眠欲、性欲は人間の三大欲求だと言われていますが、毎日食事をとることによって欲求が満たされた状態が続くと、生命の危機感が少なくなってきます。


その結果子孫を残そうとする働きも弱くなってしまいます。
しかしプチ断食をしてあえて体を飢餓状態にすることで、私たちの身体は本能的に生命の危機を感じて子孫を残そうとする働きが強くなります。


プチ断食は女性だけではなく男性にも効果があると言われており、男性の場合は精子の質や運動量が向上する効果が期待できます。
妊娠には栄養をたっぷりとることが大切だと思われがちですが、プチ断食によって一度体をリセットするということは不妊の改善に大きく役立ちます。


不妊を改善したいと考えている人は、たとえば朝は野菜ジュースだけにする日を週に1日作るなど、自分でできる範囲でプチ断食を実践してみることをお勧めします。

ブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」で代謝アップ!


不妊の元にもなる冷え性の原因は加齢からくる「基礎代謝の低下」が大きいとされています。
プチ断食でも代謝を上げる事ができますが、食事によって内から代謝を上げていく必要もあります。

そこで代謝をあげる効果が高い食材として知られているのが「ブロッコリー」って知っていましたか?

さらに言うと、ブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。


この「ブロリコ」は東京大学と民間企業が協力して、5年以上の研究機関を経て抽出に成功した大変貴重な成分であり、「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つとされています・・・凄いですね・・・

ゆっくりと食事や運動で妊活をしていくのも良いですが、加齢で衰えた身体を健康にしたい方、妊娠に向けて健康な身体づくりをしたい方、そのような方は一度ブロリコを試してみてみてはいかがでしょうか。

ブロリコ-口コミ-評判


【限定】定期&まとめ買いでプライスダウン中!



2017年度 妊活サプリメントランキング


関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 成功談

    2017-2-15

    妊活開始10か月後に妊娠。私たち夫婦がしたコト。【体験ブログ】

    結婚をして4年目、夫と子供がそろそろ欲しいという話になり、妊活をスタートさせました。 規則正…
  2. 効果 ミトコア

    2016-2-2

    効果抜群!ミトコア300mgを今すぐ飲むべき5つの理由【長編】

    効果が高いと口コミ抜群の「ミトコア300mg」「ミトコアmore300mg」 不妊治療中、高齢…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る