杞菊地黄丸の効果・飲み方は?【不妊症の漢方薬】

眼精疲労や頭痛などの症状に杞菊地黄丸とは?副作用は?

今回紹介するツムラやイスクラなどから販売されている、「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」は『眼精疲労』にとても効く・・・とされている漢方薬です。

え?、不妊症に眼精疲労???と思う方も多いかもしれませんが、実は内臓の1つである肝臓と、感覚器の1つである目が非常に関係の深い関係があるのです。

眼精疲労、視力低下の症状が出ているときは同じくして肝臓も悪くなっている事が多いのです。

この肝臓は血液を貯える臓であり、血液の供給により神経や筋肉が 伸びやかに働けるようになるというとっても重要な器官。
血液の供給は妊活にとっても非常に大事なポイントですよね。

目に見えてわかりづらい肝臓の悪化ですが、眼精疲労、視力低下の症状が出る事で表だってわかる・・・というケースが多いのです。

杞菊地黄丸の効果・効能は?

そんな杞菊地黄丸の成分は地黄(じおう)、枸杞子(クコシ)、山薬(さんやく)、山茱萸(サンシュユ)、菊花(キクカ)などが中心です。

効果は前述のとおり、疲れ目、かすみ目、視力低下、目の痛みを改善する効果があります。更には骨粗しょう症、疲れやすい、腰痛、足腰のだるさ、手足のほてり、頻尿、残尿感、排尿困難など、多種多様な症状に効くのが特徴です。

杞菊地黄丸の飲み方・副作用は?

杞菊地黄丸の飲み方ですが、販売会社・製薬会社によってまちまちですので、しっかりと取扱書に書いてある用法容量を守って服用してください。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 成功談

    2017-11-30

    40歳高齢女、5度目の体外受精で妊娠しました!【体験談】

    私が不妊治療を始めたのは、38歳後半。 4歳年下の主人との子どもが欲しくて、不妊治療を始めまし…
  2. 不妊治療 ブログ

    2017-4-14

    卵管障害を治療して妊娠成功しました【体験ブログ】

    ある日、生理がこないので病院に行ってみると排卵してません。と、告げられて。 その時は凄く落ち込…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る