受精を確認してから卵管内に戻すから妊娠率がとっても高いジフト法(ZIFT法)

子どもは欲しいと思った時にすぐにできるとは限らないものです。
現に不妊で悩んでいる人は年々増加傾向にあり、少子高齢化の社会問題に拍車をかけています。

こうした不妊を改善するために、最近では不妊の改善に効果がある食べものやサプリメント、飲み物などいろいろなものが出回っており、それらを積極的に摂取しているという人も少なくないと思います。
病院で不妊治療を受けている人もいると思いますが、医療技術の進歩によりその治療法も日々刻々と変化しつつあります。

少し前までは不妊治療と言えば、採取した卵子と精子を体外で受精させ、その受精卵を子宮内に戻すという「体外受精」が主流でした。
しかし最近ではより妊娠率が高い不妊治療法にも取り組まれるようになっています。

その一つがジフト法(ZIFT法)です。

ギフト法に比べて妊娠率が高いジフト法(ZIFT法)

これは一旦体外に採取した卵子と精子を卵管内へ移植するという方法であり、同じような手法にギフト法というものがあります。

ただしギフト法は採取した卵子と精子を全く外で受精させることなく卵管内に戻すというものであり、対するジフト法は顕微授精後に培養容器の中で1日培養し、受精を確認後に卵管内に戻すという方法をとります

ジフト法はギフト法と同様に、体外受精に比べてより自然に近い妊娠ができるため妊娠率が高く流産の可能性が低いというメリットがあります。

特にジフト法は受精卵を確認したうえで卵管内に戻すため、ギフト法でも上手く妊娠できなかった人にも有効な方法であり、ギフト法に比べて妊娠率が高いと言われています。

デメリットもあるジフト法(ZIFT法)

このようにジフト法も不妊に悩む人にとっては画期的な不妊治療法であることは確かですが、同時にデメリットもあります。
まず第一に、ジフト法は少なくとも一方の卵管の通りが正常であることが条件であり、そうでない場合はまず子宮内膜症の治療を進めることが優先されるという点です。

つまり卵管に異常がある場合はこの治療法は選択できないということになります。
またジフト法は体外受精とは違い、腹腔鏡手術による受精卵の移植をする必要があるため、2~3日の入院をしなくてはならず肉体的な負担が大きいという点もデメリットの一つです。

さらにこれだけの肉体的な負担を強いながらも妊娠が成功しなかった時にはそのぶんショックも大きくなるでしょうし、それによりさらに不妊が悪化してしまう可能性も否定できません。
こうしたデメリットはギフト法にも共通して言えることです。

不妊に悩む人が日々多くなっている今、こうした新たな不妊治療も開発されてきていますが、それらがすべて自分に合った治療法であるかはわかりません。

どのような治療法が自分には一番合っているのか、医師と十分相談をし自身で納得をしたうえで治療に取り組むことが大切です。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 漢方 効果

    2017-10-18

    不妊に効く漢方薬ランキング!妊活するならこの漢方♪

    不妊に効く漢方薬。ランキング形式でおススメしてみました。 「漢方治療」と聞くと、正直ちょっとハ…
  2. 妊活 体験談

    2017-5-31

    卵管閉塞と子宮内膜症を治療して妊娠した私の妊活。【体験ブログ】

    不妊4年目に入ったところで不妊治療を始めました。 結婚2年目にして、なんとなく妊活を開始し…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る