今年は初詣と子宝祈願を一緒に♪ 栃木県の初詣神社ランキング!

宇都宮市、小山市、足利市、栃木市、佐野市、那須塩原市、鹿沼市、日光市、真岡市、大田原市等、大きな都市を抱えた日本屈指の栃木県。
栃木県内には多くの子宝神社や子授け神社が存在しており、今年の初詣はそんな子宝スポットへお参りしてみてはいかがでしょうか。

今回はそんな栃木県の初詣・子宝祈願ランキングをご紹介していきます。
子宝祈願はもちろんの事、安産祈願や御初参り、縁結びやデート等の参考にしてみてくださいね。

口コミ・評判、当サイトのアクセス数等を元にしたランキングです。
実際の効果、参拝数、混雑等とは異なりますので予めご了承ください。

>>その他、栃木県の子宝神社・子宝スポットはこちら

>>栃木県の特定不妊治療費助成金・補助金の詳細はこちら

ランキング5位【城興寺】

城興寺

安産、子育て、子授の地蔵尊があるとして関東中で有名な城興寺の延生地蔵尊がランキング4位です。1000年以上も続く子宝祈願、安産祈願の対象として親しまれてきた城興寺の延生地蔵尊です。
きっとご利益も強いはずでしょう

>>城興寺はこちら

ランキング4位【滝尾神社】

滝尾神社の子種石

田心姫命(タゴリヒメノミコト)が祀られている二荒山神社の別宮「滝尾神社」がランキング4位です。山道は結構険しい道程であり、アクセスが悪いのが難点ですが屈指のご利益を誇るパワースポットですので落ち着いた時期に改めて時間をとって初詣に行ってみてはいかがでしょうか。

>>滝尾神社はこちら

ランキング3位【出流山満願寺】

出流山 満願寺

関東でも有名なパワースポットである「出流山満願寺」がランキング3位です。
、正式名称は「坂東三十三観音第十七番札所 真言宗智山派 出流山満願寺」といい、子宝のご利益はもちろんのこと、様々なご霊験のあるパワースポットです。
境内には子宝のご利益がある鍾乳石で自然にできた「十一面観音菩薩様」がありますので初詣と共にお参りしてきましょう。

>>出流山満願寺はこちら

ランキング2位【安住神社】

安住神社

関東一の大きさを誇る大鳥居で有名な栃木県の「安住神社」がランキング2位です。
“子安神”として知られている「神功皇后」様を祀っており、安住神社は子授、安産、子供の無事な生育を祈願する神社として古くから信仰を集めています。

>>安住神社はこちら

ランキング1位【古峯神社】

古峯神社

「ヤマトタケルノミコト」を祀る非常に古く、由緒深い神社が今回紹介する栃木県の「古峯神社」がランキング1位です。
古峰園内にある子授けヒノキはご神木として有名でもあり、銀杏の殻を加工し、殻の中に小さなお人形が入っている子宝の御守りもあるので初詣に行った際は必ず購入してきましょう。

>>古峯神社はこちら

栃木県の初詣ランキング!貴方はどこに行く?

宇都宮市、小山市、足利市、栃木市、佐野市、那須塩原市、鹿沼市、日光市、真岡市、大田原市等、多くの大都市を抱える栃木県ですから、それに伴って多くの神社やお寺がありどこに初詣に行くか悩んでしまいますよね。
せっかく初詣に行くのですから、一年健やかに過ごせるようにというお願いに加えて、子宝祈願や安産祈願をしてみてはいかがでしょうか。

子宝祈願&初詣の心構え。

神事の作法はすべて右回り・左側通行

神社を参拝する時は左側を歩き、参拝後は時計回りに振り返りそして左側を戻ります。
初詣で混雑していて仕方ない場合もありますが、参拝するときは参道を決して真ん中を歩かないでください

正装しましょう

神社は神聖な場所です。
絶対ではありませんが、出来る限り正装していきましょう。
着っぱなしの服や、肌の露出があるものは控え、いつもより綺麗な普段着以上のもので向かいましょう。

まずは神様に感謝することが何より大事。

子宝祈願っていうと、「赤ちゃんが欲しいです!」とお願いしそうになりますが、それは二の次です。
そう、まずは神様に感謝の気持ちを伝える事が大事といえるでしょう。
一方的に要求をぶつける事が良い訳ありませんよね。
神様に敬意を表しつつ、あまり堅苦しく考えず、感謝の気持ちを伝えることを大切に初詣&子宝祈願をしにいきましょう。

>>その他、栃木県の子宝神社・子宝スポットはこちら

>>栃木県の特定不妊治療費助成金・補助金の詳細はこちら

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 不妊治療 ブログ

    2017-1-15

    体外受精、採卵時の痛み・・・私の一部始終は。【体験ブログ】

    正直最初は体外受精にあまりいいイメージを持っていませんでした。 私は28歳の看護師です。24歳…
  2. 産み分け体験談

    2016-10-4

    男の子1人、女の子1人を産み分けしました。【産み分けブログ】

    男の子1人、女の子1人の子供がいる、結婚4年目になる20代後半既婚女性です。 私が産み…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る