ブルック・シールズの不妊治療内容

ブルック・シールズさんと言えば子役から活躍していた生粋の女優さんですよね。
1965年生まれですから、今はもう50代。時代の流れは早いですね・・・
1980年の「青い珊瑚礁」や1981年の「エンドレス・ラブ」に出ていたのが懐かしい方もいるんじゃないでしょうか。

そんなブルック・シールズさんの人生は結婚・離婚、不妊治療、そして流産という壮絶なモノ。
第一子の出産後には産後うつになり、自殺を考えたほどなのです。
今回はそんなルック・シールズさんの壮絶な人生と不妊治療についてご紹介していこうと思います。

男子プロテニス選手のアンドレ・アガシさんと結婚

ブルック・シールズさんですが、1997年にテニス選手のアンドレ・アガシと結婚しますが、なんち2年で速攻で離婚してしまいます。
この時テニス選手のブルック・シールズさんは「人生で最大の失敗だった・・・」と言っているそうです(笑)

離婚からさらに2年後にブルック・シールズさんはテレビプロデューサーと再婚されます。
再婚してからは38歳の時に第一子、40歳で第二子を授かっています。

このように書くと、2回目の結婚、そして出産はとてもいい流れのように見えますが、実際は大きく異なります。
前述のとおり、第一子の出産後には産後うつになり、自殺を考えたほどなのです。

7回の体外受精を行ったブルック・シールズさん

2回目の結婚後、中々子宝に恵まれいブルック・シールズさんは不妊治療として体外受精を行ったそうです。
なんとその回数7回。

人工授精などとは違い、母体への影響も大きい体外受精を7回も行ったのはとても大変だったはずです。
しかも結果的に高齢出産ですから、ブルック・シールズさんへの心身への負担は相当だったと思われます。

また、その体外受精を行っていく中で流産も経験したことからブルック・シールズさんの心のストレスは限界まで達していたのです。
そうして、めでたく38歳の時に第一子が生まれるも、今までの負担が一気に解放されて心のバランスが乱れてしまったのか産後うつになり、自殺を考えるまでになってしまったのです。

しかし、それを支えてくれたのは紛れもなく旦那さんでした。
旦那さんの支えによってブルック・シールズさんは快方に向かい、40歳で第二子を授かるところまでになってのです。

今では50歳近い年齢になろうとしているブルック・シールズさん。
2度にわたる結婚、離婚、不妊治療、産後うつ病、色々ありましたが、結果的に子供と旦那に恵まれた素敵な人生ですね。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 アロマテラピー おすすめ

    2016-3-7

    妊活にアロマテラピーを取り入れよう!おすすめは?

    妊娠力を上げるおすすめアロマテラピー&アロマオイル 妊活世代は働き盛り。 仕事と赤ち…
  2. 体験記 不妊治療

    2017-5-27

    体外受精を3回。妊娠出来たのは食事・飲料の見直しから。【体験ブログ】

    「妊活中にあまり摂取していけない以外な飲み物」 私は不妊治療体験者です。 体外受精を3回経験…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る