チョコレート嚢胞・嚢腫はどうやって治療する?

日本において増加傾向にある子宮内膜症、その一種であるチョコレート嚢胞・嚢腫も増加傾向にあるとされています。

重症化すると大幅に妊娠率を低下し、不妊症の原因にもなり、さらには激しい痛みを伴うことから女性にとって恐るべき病気と言って良いでしょう。

そんなチョコレート嚢胞・嚢腫ですが、昨今の医療技術の進化により様々な治療法が発見されてきました。

今回はそんなチョコレート嚢胞・嚢腫の治療方法についてご紹介していきます。

基本的に腹腔鏡下手術が必要

チョコレート嚢胞・嚢腫を伴う子宮内膜症は女性の身体的苦痛が大きいため、早急な対応をしたほうが良い場合が多く、基本的に腹腔鏡下手術もしくは開腹手術が必要とされます。

チョコレート嚢胞・嚢腫が一定の大きさ(直径5cm程度)以上であるのであれば、医師と話し合いをして手術をすることが多いようですね。

なお、軽度であったり、嚢腫が小さなものに対しては、低用量ピル、ダナゾール、ジエノゲストといったホルモン療法、薬物療法を行うこともあるようです。

基本的に月経痛が強い場合、嚢胞の直径が5~6cmを超える場合、不妊症の場合などには手術が望ましいと言えるでしょう。

卵巣がんに変異する可能性も

そう、チョコレート嚢胞・嚢腫は放っておくと卵巣がんになる可能性があります。確率は低いですが、危険なことにはかわりありません。

重症化する前に早期に治療、手術するように心がけましょう。
くれぐれも自己判断、放置などはせず、疑わしきはすぐに病院で検査です。

関連記事


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 性病 検査キット

    2016-12-27

    膿精液症で精液の色が黄色になったら?

    精液が黄色になったら膿精液症??画像を見たい人は・・・ 精液の色が急に黄色くなったり、変色した…
  2. 2016-12-20

    現在妊娠7ヶ月の初妊婦です。タイミング療法で妊娠しました。【体験ブログ】

    地元で有名な不妊治療クリニックの門を叩きました。 子供が欲しいと思い基礎体温を測り、排卵日を予…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る