どうしても私たち夫婦には、女の子がほしいという気持ちが強くありました。

女子 産み分け

結婚した当初には、男の子1人、女の子1人ぐらいのバランスが理想という話をしていたのですが現実には男の子が2人続きました。
もちろん我が子なのでかわいいのですが、やはり女の子が我が家にはほしいという気持ちがいまだに強く残っています。




>>安全&お手軽に男女産み分け「ハローベビーゼリー」

私が洋服選びが大好きなので、子供が女の子であれば一緒にショッピングを行ったり、裁縫をして子供の洋服や発表会のドレスを着せてあげたいという女の子にしかできない楽しみを心待ちにしています。

夫の家族は、男の子三人の家庭に育っており女の子がいる家庭にあこがれていたということも産み分けをして女の子がほしいという気持ちにつながったと思います。

実際に私たち夫婦が女の子を産み分けるために行った方法

実際に私たち夫婦が女の子を産み分けるために行った方法については、性行時に射精を膣の手前で行うということにこだわったことでした。
産み分け術をネットで調べたり専門家に話を伺っていくにつれて男女がうまれるメカニズムや境目というものがわかってきました。

というのも、男性女性を分ける境目は、性決定遺伝子を決めるX精子とY精子であることがわかりました。

膣内部の環境にも大きく起因しており、酸性かアルカリ性かでえもX線とY線の死亡率が異なるということがあり、女性を生みたい私たち夫婦は、女性を産むために必要なX精子ができる限り生き残れるように膣内部のコントロールと射精を膣の手前で行うことで、酸性の環境でも比較的強く生き残るという特性を生かして、射精を前に行うという方法で性行をしました。

妊娠後や妊娠中は、すでに身ごもっているということもあり手を食わることができません。

そのため、妊娠する前からできる限り女性が生まれてきやすい手法を取り入れておく必要がありました。

また、私たち夫婦は医学的な治療による産み分けを望んでおらず、できるかぎり最低限の産み分けを行いますが、決して強く人工的なものに対しては興味がありませんでした。やはり体にかかわる部分ですので健康を第一にしていました。

産み分けを望む若い世代というのは、増えているように感じますし医学の進歩により不可能ではない時代になりました。

市販の産み分けグッズを使用するのもよいですが、理論的な分析結果をもとにしておこなわれる産み分け術のほうが信頼もで体への負担もないので腎臓を傷めることなくおこなうことができました。
無事に女の子がうまれてよかったです。




>>安全&お手軽に男女産み分け「ハローベビーゼリー」

関連記事


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 成功談

    2017-4-14

    多嚢胞性卵巣で7回人工授精して妊娠。【体験ブログ】

    まさか自分が排卵障害だったとは驚きました。 結婚して2年なかなか自己タイミングで妊娠せず、病院…
  2. hmg注射

    2017-4-21

    3つの病院を転院し、体外受精で第1子を授かりました。【体験ブログ】

    1つ目の病院は、私の住んでいる市、唯一の不妊治療専門クリニックでした。 こちらでは、タイミング…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る