私の病院の選び方。失敗しない選び方とは?【体験ブログ:第2話】

治療を開始するにあたっての病院の選び方

今まで産婦人科には行ったことがなく恥ずかしいいと思うイメージでした。
まずどこの産婦人科へ行けばいいのか、また不妊専門の病院があるのかどうかも知りませんでした。

初めての科へ掛かるときは口コミや評判を聞いて通院するのが一般的です。

私の場合はまずネットで口コミを調べました。住んでいる所や通える範囲内で評判のいい病院。
専門に診てくれる科がなおさらありがたいし転院せずに済むのでそういう病院がないか探しました。

周りに実際治療をされている方がいればお聞きしてもいいんですが、そういう方もいなかったし自力で探すしかありません。

たくさんある中でどこに行けばいいのか?

しかも大学病院や個人の専門病院、婦人科と産科が両方ある病院と様々です。
まずは治療に関してどこまで対応しているかピックアップした病院に連絡してみました。

電話で聞いてみて分かることもありました。
婦人科でも治療のことには全く対応していない病院があるんです。

夫婦生活のタイミングしか相談に乗ってくれない所や子宮内膜症などの子宮のトラブルにしか対応していない病院など。
不妊に対応してくれている病院はまだ数えるほどしかありませんでした。

赤ちゃんを出産する病院であっても、赤ちゃんを作る事に通う病院ではないんです。
一概に産科と言っても先生にも専門分野があるようで、その専門の所へ行く必要がある事が分かりました。

おすすめは市の役所に問い合わせてみること。

また調べる方法は他にもあります。
住んでいる市の役所に問い合わせてみると、治療を推進している病院や補助金申請を認めている病院があります。
そこなら推進しているくらいなので技術も設備も整った病院ですし安心できると思いました。

専門病院で大きな所は病院のホームページを開設されている所もあります。
治療内容や治療実績、治療費用や診察担当医など詳しいことも全て分かりますし便利でした。

また大学病院でも設備が整っているので治療を進めている所もありました。
研究の意味で高度治療までされていますが、患者として待ち時間や通院を考えると通うのには難しいかと思います。

まずは自分のライフスタイルに合うような病院を探すことが大切なんだと思いました。
私が通院を決めた病院は、通院にストレスがなく高度な治療を受けられる所で安心して色々相談できる女医さんが担当されている病院にしました。

Gさんの不妊治療体験ブログ【全9回】

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. セロフェン

    2016-10-2

    29歳で不妊治療開始。治療費用、流れの全記録。【体験ブログ】

    タイミング法から人工授精、体外受精、顕微授精へステップアップしていきました。 結婚は早かっ…
  2. 上徳寺 子宝

    2017-4-14

    京都府京都市の上徳寺で子宝祈願をして妊娠!【体験ブログ】

    私は1人目の子どもを妊娠するのに約2年ほどかかっています。 当時はまだ20代でいつかは妊娠でき…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る