不妊の原因は鉄分不足?ヘム鉄効果で妊娠力アップ

女性は男性に比べるともともと貧血になりやすい体質だと言われています。
特に20代後半から40代くらいまでの女性は、月経による出血などの影響もあり自分では気が付かないうちに貧血になっている人も少なくありません。

またある調査によれば不妊治療を受けている人の大半に貧血の症状がみられるという結果も出ています。
これは、鉄分不足に陥ると妊娠を維持するために必要な黄体ホルモンの分泌量が低下するためだと考えられています。

つまり、不妊の原因は鉄分不足にあるとも言えるほど、鉄分は妊活に欠かすことできない重要な成分なのです。

「非ヘム鉄」と「ヘム鉄」?効果が良い食品は?

とはいえ、鉄にもいろいろな種類がありますのでただ闇雲に摂取しても効果はなかなか得られません。
鉄分は大きく分けると、野菜や穀物など植物性食品に豊富に含まれる「非ヘム鉄」と、肉や魚などの動物性食品に豊富に含まれる「ヘム鉄」とに分けられます。

ヘム鉄は非ヘム鉄に比べると体内への吸収性が高く、鉄分不足を解消するためには特に積極的に摂取する必要があります。
しかし私たちが日頃摂取している食材に含まれる鉄分は「非ヘム鉄」であることが多いため、ヘム鉄をなかなか効率よく摂取できていないのが現状です。

ヘム鉄のサプリメントで効率的に摂取

そこで効率的にヘム鉄を摂取するためにはヘム鉄のサプリメントが大変便利です。
ヘム鉄のサプリメントは非ヘム鉄のものに比べると若干コストは高いものの、鉄分の吸収率は5~6倍近くにもなるため鉄分不足を効率よく解消することができます

ですから深刻な鉄分不足である場合にはヘム鉄のサプリメントを摂取するのが、鉄分不足を解消する一番の近道であると言えます。
また鉄分は妊活中の間だけ必要な栄養素ではありません。

もしも妊娠中に鉄分不足に陥ってしまうと、母体が栄養不足になるのはもちろんですが赤ちゃんにまで十分な栄養が行き渡らないため低体重や未熟児で生まれてしまう可能性が高くなります。
その他肌荒れやシミ、ニキビ、口内炎などのトラブルも鉄分不足によって起こりやすくなるため、積極的に鉄分を摂取することが大切です。

不足しがちなヘム鉄は最強妊活サプリ「ベジママ」でカバー!

とはいっても、毎日毎日ヘム鉄を摂取するって大変ですよね。
効果が出るレベルで摂取するには日々の食事だけではほぼ確実に不足します。

そんな場合、お勧めなのがやっぱりサプリメント。
中でもヘム鉄入りの妊活サプリで最も売れて人気なのが妊活サプリ「プレグナオール」でしょう。
妊活に大事と言われる成分が超大量に配合されているのです。

実はヘム鉄入りの妊活サプリって意外に種類が少なく、ヘム鉄を含めて妊活に必要な8大成分(ヘム鉄、葉酸、マカ、タンポポ、ルイボス、日本米麹、シリカ、ビタミンC)が入っている妊活サプリ「プレグナオール」はとってもお勧めなんです。

しかも1日3粒で良いのですから超お手軽ですよね。
今ならサプリメントケースや温熱パッドなどのプレゼントに加え、10-15%OFFのキャンペーン(セット、定期注文)も行ってますのでこの機会を逃さないようにしましょう!

おススメはまとめ買いセットです!



>>妊活男女に必要な8代成分を3粒で【プレグナオール】

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 不妊治療成功者 ブログ

    2015-2-12

    不妊治療成功者「Aさん」のブログ【全30回-初回】

    20代で不妊治療を始めた「Aさん」の成功体験ブログ 多くの方に読んでいただいている当サ…
  2. 妊活サプリメント ランキング

    2018-5-31

    妊活サプリメント 人気ランキング【2018年最新】

    人気妊活サプリメント売れ筋ランキング2018年! 一位はあの最強妊活サプリメント 世の中に…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る