大豆イソブラボンとは?効果は?口コミと評判【妊活サプリ】

女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きの大豆イソブラボン

みなさんはイソフラボンという成分をご存知でしょうか?
健康志向が高まる近年ではよく耳にする成分ではないでしょうか。

イソフラボンはポリフェノールの一種であり、植物の中でもマメ科に多く含まれている成分です。
特に大豆の胚芽とよばれる部分には大量のイソフラボンが含まれており、「大豆イソフラボン」として区別されることもあります。

豆腐や納豆など、大豆からできた食品には特に多く含まれています。

大豆イソブラボンの驚きの効果

イソフラボンには女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きがあるとされています。
エストロゲンは子宮内膜の厚みを一定に保ったり排卵のタイミングを整えるなど、女性の健康を保つうえでは欠かすことのできない大切なものです。

イソフラボンはそのエストロゲンと似た作用を持つとあって、イソフラボンは近年注目を集めているのです。
ある研究でも、イソフラボンの摂取が不妊治療に効果があるということも明らかになっており不妊に悩む女性の強い味方であることは間違いないでしょう。

大豆イソブラボンの過剰摂取はNG

しかしいくら不妊に効果があるからといって、やたらにイソフラボンばかりを摂取するというのは考えものです。
確かにイソフラボンが不足した女性ホルモンを補う役目を果たすことは明らかなのですが、実は私たちが普段食べている食事からでも十分な栄養素をとることはできると言われています。

妊活中には必要だからとやたらとイソフラボンばかり摂取してしまうと、栄養バランスが偏ってしまい体にも悪影響が出ます
また過剰摂取していると、結局は体内に吸収されずに排出されてしまったり自分の身体が本来持っている吸収能力自体が低下してしまうことにもなりかねません。

妊娠しやすい体は、バランスのとれた食事をとることでつくられていきますので、明らかに自分にはイソフラボンが不足しているなと感じる場合はサプリメントに頼るのも良いかもしれませんが、そうでない場合は必要以上に摂りすぎないということも大切なのです。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 冷え性対策

    2017-8-24

    妊活の大敵!冷え性を治すサプリメント選び・食事・食材は?

    冷え性は子宮内部の体温も下がるので妊娠率低下に繋がります 昨今、女性のなかで非常に増えてきてい…
  2. hmg注射

    2017-4-21

    3つの病院を転院し、体外受精で第1子を授かりました。【体験ブログ】

    1つ目の病院は、私の住んでいる市、唯一の不妊治療専門クリニックでした。 こちらでは、タイミング…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る