少しでも妊娠の確率・成功率を上げるために出来る事

タイミング法は不妊治療・妊娠の為の最もスタンダードな方法です。
人工授精や体外受精と比較して、費用的にも精神的にも身体的にも負担をかけず、かつ高い妊娠率を誇るからです。

ただ、そんなタイミング法ももっともっと成功率を上げる努力が出来るんです。
少しでも妊娠率を上げる努力をして、赤ちゃんを向かい入れましょう。

今回はそんなタイミング法の成功率を上げる10つのポイントをご紹介していきます。

1. 自己流はNG! しっかりとクリニックor産婦人科へ

自己流はNG! しっかりとクリニックor産婦人科へ

最も重要なのは自己流でタイミング法を行わない事です。
基礎体温表などで自分で排卵予測日を立てる事は可能ですが、精度はイマイチです。
しっかりと産婦人科へ行き、医師のタイミング指導の元に正確な排卵予測日を知っていくことが妊娠率を大幅に向上させます。

もっともやってはイケナイ事がは、「間違ったタイミング法を続けてしまい、意味のない日々を過ごすこと」です。
女性の年齢は妊娠率を考えたとき、最も重要なポイントなのです。

>>タイミング法とは?【正しい方法】

意味のない時間を過ごすことは=妊娠率の低下と言えるでしょう。

2. 排卵検査薬は1日2回計測

排卵検査薬は1日2回計測

排卵検査薬でわかるLHサージから計測する排卵の前兆を知れる期間はとても短いのです。
この前兆を逃してしまったら意味がありませんよね。

出来る限り排卵検査薬での計測は1日に2回は計測して、前兆を逃さないようにしましょう。

実は意外にこれが非常に重要なんです。

スマホのアプリなどで排卵日予測をされる方がとっても多いのですが、実はこれは完璧に正確ではありません。

排卵日以外にタイミングをとるのは無駄の一言です。
しっかりと排卵検査薬を使って、しかも1日2回計測することで、可能な限り正確なタイミングを計るようにしましょう。

3. 排卵検査薬で陽性が出たら直ぐに行為を

排卵検査薬で陽性が出たらすみやかにタイミングを取る

排卵された卵子の寿命は12時間~24時間と言われています。
このタイミングを逃さない為にも、排卵検査薬で陽性が出たら直ぐに行為を行う事が大事です。
排卵検査薬で陽性が出たら、当日もしくは翌日に排卵が起こりますので計算してすぐに行為を行いましょう。

最低でも翌日までには行為を行いたいですね。

ここで重要なのが、パートナーに事前に予測日伝えておくこと。

旦那が飲み会で深夜帰り・・・・
旦那が疲れて寝てしまった・・・・

こんなことでせっかくのタイミングを逃してしまってはいけませんよね。

数日前からパートナーに事前に予測日伝えておくことで、せっかくのタイミングにパートナーが・・・なんて事の無いようにしましょう。

4. 排卵予測日に3日前にも!

排卵予測日に3日前にも!

卵子の寿命は12時間~24時間ですが、精子の寿命は2―5日間と長期間なのが特徴です。
この為、排卵日が万が一早まった場合に備えて、排卵予測日に3日前にも性行為を行うのが妊娠率を上げる秘訣です。
いわば保険というやつです。

パートナーにもその旨を伝えておいて、3日前から当日までを1セットとして自然な流れでタイミングを取れるようにしましょう。

5. 出来れば排卵後約1日後にも・・・

排卵後約1日

こればっかりは念には念を・・・の世界ですが、出来ればで結構なので排卵予測日の約1日後にも行為をしましょう。
これも排卵日がズレた場合の保険と言って良いです。

女性の体はロボットではありませんので、体調や心理状態によって簡単に排卵日はズレるのです。

とはいえ、3日前から当日まで・・・というのも負担が。っていう方も多いでしょう。
これはあくまで「出来れば」なので、無理しないでくださいね。

6. 食事療法で健康な体へ

ここからは基本的な基礎の事です。

やはり、食事療法で健康な身体であることは妊活の第一歩なんです。

そもそも健全な身体、健全な精子と卵子が妊娠の為には必要と断言できます。

身体に良いものをしっかりと日頃から摂取しておくことが大事なのです。

特に男性は精子を作る為に必要な「亜鉛」を摂取した方が良いでしょう。
亜鉛は納豆や牡蠣に多く含まれているので積極的に摂取したいですね。

7. サプリメントも大事

前述の食事療法で足りればいいのですが、どうしても現代人は栄養が不足しがち。
なので、サプリメントで補助していきましょう。

男性は精子の為に「亜鉛」、女性は卵子の為に「葉酸」のサプリメントがおススメです。

特に女性は「葉酸」の摂取は厚生労働省が毎日接種することを推奨するほど大事な栄養素です。

日々の食事ではとりきれませんのでサプリメントで補助していきましょう。

>>葉酸サプリメント徹底比較!口コミ・評判人気ランキング♪

・・・と、ここまでは通常の妊活。
既に亜鉛や葉酸、そしてマルチビタミンなどのサプリメントを服用している方は多いでしょう。

ですが、最もタイミング法の成功率・妊娠率を上げるサプリメントがあるんです。
このサプリメントは圧倒的な効果の為、今現在は楽天で売り切れ中で、公式サイトからしか購入できません。

そのサプリメントはイースタティックミネラル配合の「ミトコア300mg」。

飲むと卵子と精子の運動源であるミトコンドリアが活性し、卵子と精子のエイジングケア(=若返り効果)があるんです。
タイミング法の場合、最も重要なのがタイミングがあっている事、そして卵子と精子が健康で若い状態にある事が挙げられます。

どう考えても若くて健康的でプリップリした卵子と、若くてオラオラと元気な精子の方が成功しやすいハズ。
ミトコア300mg」を飲んで精子と卵子を若返らせて、タイミング法の成功率を大幅にアップしましょう。

特に自然妊娠を目指したい方、タイミング法を何回も失敗している方、高齢出産を目指す方にはこのイースタティックミネラル配合の「ミトコア300mg」がとってもおススメです。

気になる方は実際の成功体験談、オメデタ体験談を読んでみましょう。
きっと参考になるはずですよ。



8. 冷え性は改善しておこう

冷え性の女性はなるべく改善しておくことが望ましいです。
ヨガやウォーキングなどで血行を促進し、代謝を上げる事で冷え性を改善しましょう。

着床する子宮は受精卵のベッドです。
冷えたベッドには誰だって入りたくないですよね。

とはいっても、非常に大変な冷え性対策。
多くの方がホットヨガや漢方、リンパマッサージ、食事療法などを試していますよね。
ポカポカと温かいお腹で赤ちゃんを迎え入れる準備をしておきましょう。

9. 義務にならないように、ストレスフリーで

タイミング法はどうしても「この日に絶対!」という事になりがちで、行為が作業になりがちです。
男性も女性も作業になってしまってはストレスも溜まってしまい、長続きしません。
しっかりとムードを大切にしていきましょう。

タイミング法は1回だけではなく、何回も続けていくのです。

10. 一度で諦めずに、続けましょう。

正しいタイミング法の場合、平均すると1回あたりの妊娠率は約20%と言われています。
一度で妊娠することもありますが、そうではない方が圧倒的に多いのですから数回の失敗程度で落ち込むことは止めましょう。

回数を重ねていくことで、タイミングの取り方のコツもつかめてくるはずですし、きっと妊娠率は徐々に上がっていくはずです。

それでも妊娠できない場合は・・・人工授精へステップアップ

以上が「タイミング法の成功率を上げる10つのポイント」でした。
項目が多いですが、全具をしっかり行う場合と、行わない場合では大きな妊娠率の差が生まれる事でしょう。
大変だとは思いますが、生まれてくる未来の赤ちゃんの為にも頑張っていきましょう。

とはいっても、タイミング法は完全なものではありません。
当然ながらタイミング法が効かない場合も大いにあり得ます。

高齢出産の場合を除いて、20代から30代前半の方は5-6回のタイミング法で結果が出なかったら人工授精へのステップアップを考えて良いかもしれません。
高齢出産の場合はタイミング法を何回も試すよりも、早めに人工授精へステップアップすることも多いようです。



関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 男性 不妊症 チェック

    2015-3-29

    不妊症チェックリスト – 20項目 【男性編】

    男性不妊かも?セルフチェックリスト 最近では不妊症のカップルのうち、原因の半分は男性にあると言…
  2. 漢方 効果

    2017-10-18

    不妊に効く漢方薬ランキング!妊活するならこの漢方♪

    不妊に効く漢方薬。ランキング形式でおススメしてみました。 「漢方治療」と聞くと、正直ちょっとハ…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る