ヘパリン治療ってどんな治療方法?


不育症には様々な原因があります。
その中でもこの日本において最も大きな不育症の原因が「抗リン脂質抗体症候群」と言われています。
抗リン脂質抗体症候群の場合、、血栓ができやすいのが大きな特徴で、この為に絨毛の発育がままならずに流産や死産になってしまうのです。


絨毛とは将来的に胎児のベットである胎盤になっていくものであり、その基礎である絨毛の発育が不十分なために流産となるのです。
この絨毛が不十分なままに受精しても、せっかくの受精卵が胎盤に留まる事が出来ず、流産になります。
このまま治療をせずに流産を繰り返していくと反復性流産となってしまうのです。

この抗リン脂質抗体症候群こそが不育症の最も大きな原因であり、その治療法として一番主要なのが今回紹介する「ヘパリン治療」です。


ヘパリン治療とは?


前述のとおり、抗リン脂質抗体症候群の場合、血流が血栓の為に滞り胎盤形成が不十分なために流産となるのですから血栓を発生しにくくする必要があります。
その血栓を発生しにくくするのがヘパリンなのです。


基本的には栓を作りにくくするための低用量アスピリン療法にヘパリンを併用していくことがメインとなります。
血小板の凝集を抑える低用量アスピリンを使用し、結果として血栓を作りにくし、健全な胎盤形成を目指すのです。


このヘパリンに関しては基本的に自己注射にて行います。
12時間ごとに自分で注射をうつのでかなり大変な治療となります。


ヘパリン治療の期間は?


非常に長期間にわたる治療になるのがヘパリン治療の特徴です。
母親の状態によって前後はしますが、妊娠5-6週子から妊娠36-37週頃までと、長期間の治療を必要とします。


これだけの期間、自ら注射をするのですから労力もかなりかかりますので、覚悟しましょう。
とはいっても、生まれてくる赤ちゃんの為ならこのぐらい負担にすらならないですよね。




妊活サプリメント ランキング

>>妊活サプリメント選びに失敗したくないなら!
2017年最新ランキングはこちら

妊活おすすめ食材・食事一覧



関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 不妊治療 ブログ

    2017-4-14

    卵管障害を治療して妊娠成功しました【体験ブログ】

    ある日、生理がこないので病院に行ってみると排卵してません。と、告げられて。 その時は凄く落ち込…
  2. 東京都在住Kさんの不妊治療体験記 全15回

    2016-8-9

    不妊治療を約2年。仕事と高額な治療費。【体験ブログ】

    治療が大変だった分、妊娠した時の喜びは誰よりも大きかったと思います。 私は病院に通院し不妊治療…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る